アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
5
2022年3月8日 | 1,969views
ブランド HILLEBERG
ギア名 アラック2
評価

オールシーズン安心して使えるテントが多いヒルバーグ!

夏場は工夫次第で涼しく過ごせ、冬場は暖房なしでも寒さからしっかりと守ってくれる。雨風が少々強くても安心感のあるテント。

それは緻密に計算されたポール構造と、インナーのメッシュ機能、スカートがなくても地面までしっかりと覆うフライシートなど、機能面において申し分のないテントです。

その中で今回は持ち運びにもちょうど良く、より設営もしやすいアラック2 をご紹介します!

商品詳細
展開サイズ:280cm×230cm×105cm 室内2.9㎡ 前室2×0.9㎡
収納サイズ:直径18cm×51cm
重量:2.8kg
素材:ケルロン1200
付属品:ポール3本、ペグ12個

設営は自立式のため、3本のポールを伸ばし、青白赤のポールスリーブに色ごと通して、フックを掛けていけば概ね完成です。さらに状況に応じてテントをペグダウン、ガイラインを張れば良いので夜間でも短時間でバランス良く張れます!

スカートはありませんが、地面スレスレまでフライシートがありますので風の吹き込みもほとんどありません。2人用で2人は狭いのではと感じる方もいらっしゃると思いますが、前後に前室が2箇所あり十分なスペースがあるのでそれぞれ荷物を置いたりや出入りができるので特に狭さは感じません。もちろんソロでは十分な広さです!前室での簡単な調理も可能でした!

ヒルバーグの理念として『悪環境でも設営しやすさを』があるので、風邪や雨にも強い安心感があります。BLACKレーベルの1つ下のREDレーベルであり軽量化に特化しましたが、機能面においてはドーム型テントなので他のトンネル型テントよりも風が抜けやすく風に強い構造だと思います!風の強い日に気になるフライシートのバサバサ音も気にならないのが一番の安心感と安らぎを与えてくれます!


気になった点

やはり高価なテントなので購入に勇気を要しました笑
他なら2張り以上は買えてしまいますからね。

あとはフライシートは焚き火の火の粉にとても弱い薄手の生地です。風などには丈夫でシワにもなりにくいですが、高級テントですので焚き火をする際にはよほど離れるようにしていますし、比較的隣サイトと近いサイトやフリーサイトでは気を使うかもしれません!

お気に入りポイント

ヒルバーグのグリーンはどこか他のメーカーと違って深みのあるグリーンのように感じます!したがって周囲の草木にも馴染みやすい色合いのように感じますし、雪中でも存在感をしっかりと出してくれます!

自然に一番馴染むカラーで、他のギアを少し派手めなカラーでも落ち着いたカラーでも合わせやすいということで、私はグリーンが一番オススメです!

このレビューで紹介されたギア

アラック2

このレビューに関連するおすすめの動画

このレビューを書いたキャンパー

公式u_ba_world

宮城県 ソロキャンパー キャンプサイトから見える景色やキャンプギアの成長や変化を楽しみにキャンプをしています!ファッション感覚な色合いや居心地の良い空間を作れるよう心がけています。 この度campic公式キャンパーとなりましたのでよろしくお願い致します。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.