アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
5
2022年2月10日 | 2,024views
ブランド VISONPEAKS
ギア名 TCルーテント
評価

シェルター型のテントって、とても大きくて良いんですがフロアがないので、ちょっと最初、使用方法を悩みますよね。
ソロやデュオならコットをふたつ並べて寝る、なんてこともアリなんですがプライベートな空間が欲しい、とかファミリーで子供も寝れる場所を、と考えると思い至るのがほぼカンガルースタイルだと思います。

我が家はサバティカルのスカイパイロットにinすることが多いのですが、visionpeaksのTCルーテントをカンガルーテントに選びました。

<スペック>
ブランド*ビジョンピークス
素材*TC素材、フロアはポリエステル
ポール*FRP製
サイズ*約220×180×130
重量*約5.1kg

私が購入を決めたきっかけは、カラーはもちろんなのですがデザインのシンプルさです。
「ああー…このロゴさえなかったらなあ…」
なんてギアを眺めて思われたことがある方もいらっしゃると思いますが、TCルーテントには、visionpeaksのロゴがどこにも入っていないのです。
ベージュをポールのブラックが引き締めてくれるので、どんな空間にあってもスッと馴染んでくれます。

広さとしては、普通サイズのコットが2つぴっちり収まるイメージです。
なので、大人と子供がひとりづつ、またはデュオで快適に過ごせるかな?と思います。
夫婦に子供ひとりはちょっとしんどいかな?と思うのでお勧めしません。

ポリコットン製の為、耐久性に優れているので火の粉に強かったり、結露しなかったりとメリットが多く、カンガルースタイルだけではなく、タープ下に置くだけの簡単設営や、春頃の陽気の良い時期に原っぱに一つポツンとたてて青空リビングにしたり、いろんなスタイルで楽しむことができてしまうのです。

それでいてお値段が¥14,900(税込)とまあもう、言うことなしのコスパの良さなんです!

気になった点

ポールに使用されているFRPという素材が、繊維強化プラスチックです。
なので、使用を重ねていくと縦に割れ目が入ってしまいます。
結構ささくれるので、必ず手袋をして作業することをお勧めしたいです。
(実際私が素手で作業をしてしまった事があり、ささくれの一部が刺さってしまい痛い思いをしました)

我が家は30回以上のヘビーユーズを1年半ほどしたので、他の方よりも痛むのが早かったのだと思います。でも、そもそもの購入価格を考えると妥協できる部分ではあります。

とても愛着が湧いていたため諦められず、ヒマラヤさんに問い合わせしてみたところ、1節単位で購入が可能でしたのでショックコードから外して付け替えました。(確か1節500円だったと記憶しています)
なんですが、ちょっと注意があって、ヒマラヤさんの店舗のアウトドア製品の取扱のある店舗で最寄を探して連絡をして、入荷連絡をいただき次第、自分で直接取りに行かねばなりません。(配送は受け付けていないとのことでした)
近くに店舗があれば良いですが、遠方の場合を考えるとちょっと億劫かもしれません。

お気に入りポイント

やはり、どんな環境、どんな景色にもしっくりくること。
あとは、両面がフルメッシュなので夏は涼しいですし、ポリコットンなだけあって冬場も暖かいですし、私が自分で欲しい!と思って購入したギアの中で一番のお気に入りで、一番大切にしている物です。

このレビューで紹介されたギア

TCルーテント

このレビューを書いたキャンパー

公式椎茸くに子

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.