アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
5
2021年12月9日 | 1,253views
ブランド EVERNEW
ギア名 Backcountry Almi Pot
評価

今回ご紹介するのはevernewのbackcountry almipotです。

発売から数ヶ月間は品薄状態が続いた人気キャンプギアです!ここ最近はネットは店舗でも品数が揃ってきており、購入しやすくなってきたと思います。ですのでこんな今だからこそオススメしてみたいと思います!

このalmipotはevernewのオリジナル商品ではなく、lotusというブランドのアルミポットの復刻版となります。しかもevernewらしく日本製に生まれ変わって復活しました!

この日本製に生まれ変わった品質、そしてアルミ+お鍋という炊飯や調理するのに適した素材、サイズ感が人気の秘密だと私は思います。

almipotは、
サイズ:径122×深さ67mm
容量:650mm
質量:140g
素材:本体アルミニウム、ハンドルステンレス

となっており、ハンドルは斜め上方で止めることと、取り外すことが可能です。
炊飯であれば1合〜1.5合、調理であれば1〜2人分の煮炊きは可能と思います!

実はこのalmipotは焚き火でガンガン使えるようにと特殊コーティングはせずにアルマイト加工しかしていないので、長持ちで使うほど味わいや使用感が出やすくなっています!私はチタンのギアの選択が多くなりがちですが、このアルミの煤ける感じや若干の擦れる感じがとても雰囲気が出て好きです。厚さ0.8mmは厚すぎずに熱が入りやすく炊飯や調理がしやすいのが特徴です。

日本人であり、お米処宮城県出身の私はお米が大好きです。キャンプで最もシンプルでおり難しい調理は炊飯であると私は思っています。もちろん水への付け置き方、蒸らし方でも変わりますが、私はその火加減にコツがあると思います。最近はポケットストーブと固形燃料での自動炊飯やパックご飯の湯煎などもありますが、私は適度な硬さで香り良くためにはやはり焚き火が適していると思います!

まずは炎が被さるほどの強火で水分を飛ばしていき、沸騰したところで熾火にしてじっくりと炊飯していく。この過程が火の扱いや時間の管理が最も難しくこだわりが出るところです。しかしこの焚き火の様は美しいの一言です。

このような苦労をした後のご飯はとても香りが良く、外で食べるご飯はとても気分を盛り上げます!ぜひ皆さんにも試していただきたい。

このような炊飯をメインに、アルミ素材は調理が万能的なことから煮込み料理や揚げ物にまで向きます。

このように調理や炊飯のしやすさにこだわり、デザインにも細部まで丁寧さが伺えます。
ぜひ皆さんもこのULで適度なアルミな厚さでありガンガン使えるalmipotで、オリジナルな調理や炊飯してみてはいかがでしょうか!?

気になった点

アルミポットの限界の薄さを求めているため、若干の歪みやすさは使用毎に出てくる印象があります。

焚き火で使用することで煤黒くなりそれが味となっていきますが、専用の収納袋がありません。使用の仕方によっては焚き火臭がしてくることや周囲へと煤がついてしまうことがあります。

蓋はしっかりと収まるというよりは上から重なる程度であるため、炊飯時は蓋を上から固定する必要があります。自分は薪を切って、ハンドルとの間に噛ませています。これで炊飯時は沸騰しても外れることはありません!

ガスバーナーを持っていくとガス缶小(110程度)がギリギリ入らないサイズ感です。これが収まれば完ぺきでした!

お気に入りポイント

焚き火で炊飯する様はとても美しいの一言です!焚き火好きの心をくすぶります!

使い込んでいく中での変化、成長を感じることができます。

スタッキングがキレイに決まるととても心地よいです!
オススメは、
①同じevernewのultralightパン#14にalmipotがハンドル付きで収まります!
②almipotの中には、snowpeakのトレック900またはevernewのTi storage pot560はシンデレラフィットします。

これを見つけた時は気持ちよかったです!
ぜひ皆さんもオリジナルなシンデレラフィットを見つけて教えてください。

このレビューで紹介されたギア

Backcountry Almi Pot

このレビューを書いたキャンパー

公式u_ba_world

宮城県 ソロキャンパー キャンプサイトから見える景色やキャンプギアの成長や変化を楽しみにキャンプをしています!ファッション感覚な色合いや居心地の良い空間を作れるよう心がけています。 この度campic公式キャンパーとなりましたのでよろしくお願い致します。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.