アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
4
キャンプギアをテンタルする
2021年9月29日 | 368views
ブランド TOYOTOMI
ギア名 GEAR MISSION KS-GE67
評価

タフで身体の芯から暖まる「GEAR MISSION」
このストーブは真冬でも本当に暖かいです。

2019年から販売を開始したギアミッションは
木造17畳、コンクリート24畳
暖房出力6.66kwの高暖房出力。

これは他のストーブと比べてみると…

●フジカハイペット :
木造8畳、コンクリート10畳
暖房出力 2.5kw。

●トヨトミレインボー :
木造7畳、コンクリート9畳
暖房出力1.25~2.5kw

●アラジンブルーフレーム
木造7畳、コンクリート10畳
暖房出力2.68kw

いかにギアミッションは暖かいのかが分かると思います。威力が強すぎてストーブの天板に乗せたケトルのお湯の減りには注意が必要なほど。

カラーはお気に入りのコヨーテブラウン。
2020年度、台数限定にて販売されたものです。
その為、下部に「2020 Limited Edition」のオーナメントがついています。
2021年度は5月にこのカラーを受注生産していたようですが、すでに終了したようです。
デザインもシンプルかつオシャレで気に入っています。

トヨトミは70年もの歴史があり、made in Japan。
信頼の出来るストーブだと思っています。

ストーブはつまみを回すだけで着火出来るのもポイントが高いです。チャッカマンなどもいらないため、私でも簡単にすぐ着火出来ます。

我が家はフジカハイペットとギアミッションを使い分けているので、ギアミッションは主に秋~冬~春先にかけてのカーカムスのおこもりに、秋~晩秋にかけてのスカイパイロットに使用。

その中でも冬に-20℃の中カーカムスでキャンプをしましたが、このギアミッションがあればどんなに寒くても安心だと思えるストーブでした。

型式 : KS-GE67(T)
灯油タンク容量 : 6.3L
サイズ : H583×482×482
質量 : 11.0kg
機能 : でるでる芯、ニオイセーブ消火、耐震自動消火装置、2重タンク構造
乾電池 : 単2×4本

気になった点

暖かいという事はタンク容量も大きく、サイズも大きく、ストーブ自体も重く、積載にはもちろん優しくないです…。
車のトランクにはもう積む場所がないため、2列目の足元に置いています。

それでもストーブの暖かさは優先したいところ(^^)

お気に入りポイント

人とはかぶらないカラーのコヨーテブラウン。
どんな幕にも合わせやすく気に入っています。

あとはやはり寒がりな私にも暖かいギアミッション。これからの季節またお世話になります(^^)

このレビューで紹介されたギア

GEAR MISSION KS-GE67

このレビューを書いたキャンパー

公式pechi

CAMPIC公式キャンパー 北海道でファミキャン、夫婦キャンプ、愛犬と一緒に1年を通してキャンプを楽しんでいます。キャンプ歴8年。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.