アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
4
2021年11月30日 | 1,421views
ブランド SOTO
ギア名 お手軽香房 ST-124
評価

皆さん、テントの設営のすぐに小腹が空く時や就寝前の手軽なおつまみが欲しくなる時ってありませんか?

我が家ではそんな時に燻製を作るのが、キャンプでの習慣です。

とは言え、「燻製ってハードルが高いよ」「美味しいんだろうど、難しそう」と、思われる方も多いはず。

そんな人におすすめしたいのがSOTOのお手軽香房 ST-124。

ポイントは誰でも燻製が出来るということだけでなく、コンパクトな収納性と低価格であるという事です。

まず触れるのは収納性ですが、折りたたむだけの簡単収納なのが魅力的!サイズ感は多少大きくても、本一冊分くらいの薄さになるので持ち運びにはなんの苦労もありません。

そして重要な燻製機としての展開性ですが、折り畳んである燻製機を開いて、網を取り付けるだけなのでどんな初心者でも使えます(笑)

ただし重要なのは、本当に簡単に燻製が出来るのかという事…

お手軽工房に付属したチップ置き皿にチップを敷き詰めて、上にある網に食材を乗せます。

そこまですれば、あとはコンロで例えると弱火で加熱していけば自然と煙が立ち上り、美味しい燻製が出来上がります。

初めは火力の調整が強すぎるとチップが燃えたり、弱すぎると煙が出にくいことがありますが、そこを注意して微調整するだけで燻製の完成です。

それがまた楽しくもあります。

そして、何より魅力的なのがしっかりとした構造の燻製機はほとんどが5000円台なのに対し、このお手軽工房は2000円台で購入できること!

お財布にも優しいのは嬉しいですよね(笑)

気になった点

気になった点は2つ、収納ケースが付属していないこととメンテナンスに少々難ありということです。

価格が非常に安いことで手軽に完成を始められますが、ケースは付属していません。
そのため別途に購入する必要がありますが、絶対に必要だ!と言う方でなければ、もともと入っていたパッケージのまま持ち運んでも問題ありません(笑)

私はそれで3年間使用しています(笑)

ふたつ目のメンテナンスに関しては、折りたたみを全て開いてメンテナンスすることができ、非常に簡単なのですが、ごくごく小さな隙間など細かな部分を清掃するのは構造上難しいです。

そこまであまり気にならない私のようなズボラキャンパーの方であれば、大した気になることでもありませんよ。

お気に入りポイント

お気に入りのポイントは木で作られた取手と収納性です。

やはり薄く収納できるのは重量系キャンパーには嬉しい魅力です。ギアとギアの隙間に入れられるので、積載に困ることなく積めるのがありがたい。

また蓋や引扉の取手が木製になっているのも、ワンポイントのおしゃれさがあって気に入っています。

このレビューで紹介されたギア

お手軽香房 ST-124

このレビューに関連するおすすめの動画

このレビューを書いたキャンパー

公式Satuki

CAMPIC公式キャンパー キャンプ歴4年目な新米パパ 来年夏、新大型幕購入計画中

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.