アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
5
キャンプギアをテンタルする
2021年7月23日 | 129views
評価

スウェーデンが誇るナイフブランド・モーラナイフの「コンパニオンヘビーデューティ」です。

初心者の時から使っており、5年程度経った今でも、今でもバリバリの現役選手です。

鋼材の素材が、ステンレスとカーボンスチールの2種類があり、私が使っているのは、ステンレス仕様のものになります。

ステンレスなので、手入れも楽で扱いやすいものと感じます。カーボンスチールになると、切れ味が鋭いですが、錆びやすかったりと玄人向けなナイフになるようです。

構造はフルタングではないですが、しっかりとバトニングしても刃が折れたりしておりません。

軽量で非常に扱いやすく、これ一本で火付けから調理まで全てカバー出来ます。グリップも握りやすく、力が入れやすいと感じますので、女性の方でもフェザースティックを作ったり、薪をバトニングしたりする際も、力を入れ過ぎず疲れにくいです。

特に滑らかな切れ味であるため、フェザースティックを作るのにはほとんど力を入れずに刃が入るので、数本れんしゅうすれば、良くテレビで見るあのフサフサの木を作ることが出来るようになると思います!

刃の研ぎ方も、ステンレス製であれば家庭用の砥石でも十分磨くことがで出来ます。ソロキャンプをするとき
は暇な時間で磨くようにしておりますので、常に良い切れ味を出してくれます。刃が薄いですが、切れ味が悪くなったと感じるのは頻繁には無く、3年ほど研いでいない友人もおります。

ただ、流石に頻繁に使用して3年も経つと切れ味は落ちてしまいます…年に数回しかキャンプに行かない方であれば、そんなに研がなくても切れ味は良いと思います。ただ、メンテナンスはしてあげたほうが長持ちするのは間違いないですね。

価格も様々なモーラですが、こちらのタイプは3000円程度での購入ができるため、入門編としては非常におすすめ出来るものだと感じます。

昨今のブッシュクラフトブームできちんとしたナイフをお手軽に手に入れたい方には是非とも使っていただきと思います。

気になった点

・太い広葉樹をバトニングするのには少し刃が短いため、不向きに感じます。

太めの広葉樹をどうしてもバトニングしたい際は、中心ではなく、少しずつ端の方から割るか、しっかりとしたフルタングのナイフか、ナタを用意する必要があると思います。

また、ケースが少し緩く感じでしまいますので、パラコード等を付けて、しっかりと抜け落ちないように対処しておく必要が出てくるかと思います。

ズボンに付けて歩くなどをしないのであれば、そのままでも良いかと思います。私はパラコードは付けておりません。

・私はステンレス製のため、そこまで手入れが大変ではありませんが、カーボンスチール素材ですと、濡れなどに弱かったり、錆びやすい、見た目が同じでも値段が違ったりと、買うときに少し悩まされるため、ネットではなく、実店舗で見てからお購入することことを強くおすすめする点です。

お気に入りポイント

お手軽な価格で、とてもしっかりとしたナイフを手に入れることができる点です!

非常に軽量で、ガッチリとした使いやすいナイフを、このお値段で手に入れいることが出来ることは、日本ブランドでは無いと思います。

グリップも非常に良く、魚を捌く時もしっかりと握って下すこともできました。購入してすぐ使用できる切れ味も嬉しい点だと感じます。見た目も格好よく、それでいて老若男女問わずに扱いやすいナイフを、低価格で購入できる点が全てを統合してのお気に入りポイントです!

私の友人たちはほぼ、こちらのナイフを持っており、全員が最初に買ったナイフを何年も使用し続けております。それほど丈夫に作られているため、やはりしっかりとしたブランドの商品は安心感が違います。

オリジナリティはパラコードでしかつけることができないと思いますが、被ってでも使いたいナイフだなぁとおそらく誰もが思うものだと思います。

このレビューを書いたキャンパー

でんでん

北の国の初心者キャンパーです。 集めたギアについて、初心者目線でご紹介致します! よろしくお願いします!

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.