アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
5
2022年3月8日 | 1,302views
ブランド 38explore
ギア名 Lumico38 CB Coyote brown
評価

以前から三脚と兼用できるテーブルに興味がありました。明日の高さを変更できることで椅子の高さを選ばず、バリエーションが広がると感じていたからです!

三脚テーブルの役割は椅子などのサイドテーブルとしてのみでなく、棚としても活用されると思いますが、今回は間接照明としての機能も備えたlumico38をご紹介したいと思います。

このテーブルはサイズ360×125×8mmです。重さは天板のみでは400gですが、ここにカバーの分の重さが加わります。カバーはとても厚手のコットン生地で丈夫そうです。カバーをしたまま三脚テーブルへの展開も可能です。

一番の魅力は、拡散誘導アクリル「導光板」を使用した天板です。そしてその天板の端には穴が空いており、goalzeroがしっかりとはまります。

goalzeroの優しい灯りがグラデーションのように拡散し、テーブル上とその周囲や灯してくれるため、なんとも色っぽくもあり美しい雰囲気にサイトを引き立ててくれます。

キャンプの時だけでなく、リビングの片隅や自室の間接照明、ベッドサイドにもピッタリであり、キャンプと私生活両方で使える魅力的な三脚テーブルになっていると思います!

気になった点

天板のアクリル板は他の素材と比べると若干傷が付きやすく目立ちやすいような印象があります。今はまだ新しいので気になりませんが、今後傷がついてくると思うと比較的大切に扱わなければなりません。
車移動での振動や他のギアとの衝突、バッグパックキャンプなどでは、気になる方は少し気になる点かもしれません!

お気に入りポイント

天板は隅に白くロゴが入っている以外は、真っ新な状態であり、ステッカーチェーンを楽しむ方が多いようです。私は同じ38exploreのビッグサイズのステッカーを貼り付けました!

またzeropodなどとの相性も凄く良いように感じられとてもお気に入りです。

このレビューで紹介されたギア

Lumico38 CB Coyote brown

このレビューを書いたキャンパー

公式u_ba_world

宮城県 ソロキャンパー キャンプサイトから見える景色やキャンプギアの成長や変化を楽しみにキャンプをしています!ファッション感覚な色合いや居心地の良い空間を作れるよう心がけています。 この度campic公式キャンパーとなりましたのでよろしくお願い致します。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.