アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
5
キャンプギアをテンタルする
2021年7月4日 | 286views
ブランド Prism
ギア名 CLAYMORE FAN V600
評価

扇風機は、夏に欠かせないギアの1つですよね。
今回は、2021年5月にクレイモアから登場した扇風機『CLAYMORE FAN V600+』をレビューします。

CLAYMORE FAN V600+は、前身モデルの『CLAYMORE FAN V600』からアップグレードされた扇風機です。前身モデルとの大きな違いは、モバイルバッテリー機能が排除されたこと。

それに伴い、搭載するバッテリーを変更したことで、15時間だった最長連続使用時間が、32時間に大幅アップしています。

その代わりに、充電に要する時間は、前身モデルで4時間だったものが6.5時間へと延びています。しかし、連続使用時間が倍以上に延びていることを考えれば、納得できます。

CLAYMORE FAN V600+の特徴の1つに、コンパクトかつ軽量であることが挙げられます。

そのため、積載を圧迫することなく、どこへでも気軽に持ち出せちゃいます。付属の専用三脚は、取り外してスリムに折りたたむことが可能。バッグの隙間にサッと差し込んで持ち運べます。ツーリングキャンプやバックパックでのキャンプなど、荷物をコンパクトかつ軽量にしたい人には特におすすめできます。

オフタイマー機能がついている点も、CLAYMORE FAN V600+の良いところ。

オフタイマーは、1時間・2時間・3時間・4時間の4段階に設定できます。夜眠るときには風に当たりたいけど、ずっと当たって体が冷えるのが心配という人には、嬉しい機能ですよね。

また、CLAYMORE FAN V600+は、最小の風速であれば32時間連続で稼働が可能。そのため、一晩中つけておきたいという人にもおすすめです。

また、CLAYMORE FAN V600+は、サーキュレーターとしても使える優れもの。

公式ホームページには「快適に過ごしたい大人にピッタリの充電式扇風機サーキュレーター」として紹介されています。詳しい風速は掲載されていませんが、CLAYMORE FAN V600+の最大風速はかなりの勢い。そのため、夏に涼をとるだけでなく、冬のテント内で、ストーブの暖かい空気を循環させたいときにも使えます。

天井が高いテントや、広いテントを使用している人には、ピッタリなのではないでしょうか。

CLAYMORE FAN V600+は1年を通して使えるので、かなり優秀な扇風機サーキュレーターです。

気になった点

三脚とのつなぎ目の強度が、やや低い点。
使用して3週間ほどで、掲載した写真の通り、接続部が削れてきています。

タフなギアを求める人には合わないかもしれません。

ただ、1/4インチネジをしようした三脚であれば、CLAYMORE FAN V600+に取り付けることが可能です。

万が一専用の三脚が壊れてしまった場合でも、代替え策が立てられるので少し安心です。

お気に入りポイント

CLAYMORE FAN V600+のお気に入りポイントの1つ目は、レイアウトしやすいデザインであることです。

付属の専用三脚は、取り付けがとてもスムーズで、使い勝手抜群。

場所をあまりとらないので、テーブルの上や、テント内に直置きしても邪魔になりません。

三脚を使わなくても、本体のハンドルを利用して、ぶら下げてレイアウトする方法も◎。

置き場所に困ったら、ランタンスタンドにぶら下げてしまうのもアリです。

また、カラビナを用意すれば、車内のフックなどに引っかけて使うことも可能。私は車内でゆっくりするときには、CLAYMORE FAN V600+をぶら下げて涼をとっています。

オシャレなデザインであることも、CLAYMORE FAN V600+のお気に入りポイントです。シンプルでマットな質感のグレーは、いろいろなサイトでマッチすること間違いなし。

デザイン面でもレイアウトがしやすい扇風機です。

シンプルなデザインなので、自宅でのインテリアとしても◎
私は自宅でも兼用していますが、違和感はまったくありません。

このレビューで紹介されたギア

CLAYMORE FAN V600

このレビューを書いたキャンパー

公式藤永祐人

エクストレイルt31で車中泊キャンプを楽しんでいます。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.