アカウント

探す

投稿する

その他

Swiper01
Swiper02
4
2021年3月29日 | 205views
ブランド Petromax
ギア名 HK500
評価

私の中でランタンはキャンプの代名詞的なイメージがあります。
ペトロマックスHK500を調べると手間がかかるし、メンテナンスも大変。

と言った口コミもありますがそれを使いこなし、また道具を大事にするからそこ、おしゃれでかっこよく見えるキャンパーなるかなと思い今回このランタンに決めました。

魅力①
シェードを装着した時のカッコ良さ。
200以上のパーツからなる武骨かつレトロのルックスに一目惚れ。

魅力②
とにかく明るい。
キャンプ場でも一際目立つ輝きです。
ペトロマックスHK500の明るさは500CP(キャンドルパワー)で約400ワット相当で圧倒的に明るいです。
参考までにコールマンのワンマントルランタン286Aが、200CPで130ワット相当。

魅力③
燃料は灯油でランニングコストが安い。
コスパももちろんですが、燃料を統一できる点でも理にかなっています。

気になった点

200以上のパーツもあり、しかも不純物が多い灯油なのでメンテナンスは大変。

しかも圧力計をみながら100回ほどポンピングし、マントルに点火する前プレヒートは必須となります。この手順でやっとランタンが点灯します。

面倒くさい手間とメンテナンスがあえて私はペトロマックスHK500の魅力と思ってます。

お気に入りポイント

大きく、光り輝く存在感、特にシェードを付けた時のルックスはいつまでも眺めていれます。
※まぶしすぎますけどね笑

このレビューで紹介されたギア

HK500

このレビューを書いたキャンパー

CAMPIC編集部

これまでCAMPIC(https://campic.net/)で投稿してくださったギアレビューは、編集部名義で投稿させていただいております。

HK500のレビューを書く

自分もこの商品のレビューを書く

レビュー投稿で300ポイント獲得

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.