アカウント

探す

投稿する

その他

ポイント交換サービスは終了しました。ご利用いただきありがとうございました。
レビューの投稿は可能ですので引き続きよろしくお願いいたします。
Swiper01
Swiper02
Swiper03
5
2021年5月1日 | 903views
ブランド HILLEBERG
ギア名 スタイカ
評価

キャンプを始めて約1年が経過した頃。
最初に購入したsnowpeakのアメニティドームM。
ソロキャンプで使うには大きすぎたので
同じくsnowpeakのヘキサイーズ1を使用して、ソロキャンプに行っていました。
しかし、もう少し簡単に設営できるテントが欲しくなり、実際にお店に行って自立式テントを選んでいました。
候補は、MSRのハバハバNX、NEMOのダガーストーム2p、などなど。
やはりソロキャンプといえど、ヘキサイーズ1のインナーテントは、完全に1人用だったので、少し窮屈に感じていました。
もちろん、1人用なので当たり前ですが。
お店でテントを選んでいると、インスタグラムに入荷情報。
候補になかったヒルバーグのスタイカが。
一応、見るだけ見に行こうと思いお店に足を運んだ瞬間、一目惚れでした。即決です。
私が他のテントではなく、スタイカを選んだポイントは3つ。
・インナーとフットプリントをつけたまま設営、撤収できるところ。
仕事柄、遅い時間にキャンプ場に入ることが多いので、設営は如何に楽にできるかが重要でした。
インナーをたてて、フライシートを被せて...という工程をスキップできるのは大きなアドバンテージです。

・シームテープを使ってないのでテントの寿命が長いこと。
経年劣化で、お気に入りのテントが使えなくなるのは悲しいです。ならば、経年劣化しにくいテントを長く大事に使おうと思い購入しました。

・1番のポイントは見た目!!
テントを選ぶ時は、これが1番大事かなと思います。見た目が好みじゃないとモチベーションもあがりませんよね。逆に、見た目が好みなら多少のスペックの劣りも目を瞑れると思います。

長くなりましたが、
設営はポール3本をスリーブに通して、幕体を吊り下げるだけ。
めちゃくちゃ簡単です。
スタイカはヒルバーグの中でも、ブラックレーベルに属しており、過酷な環境下でも使用することができます。
どんな環境で張ってもカッコいいところが好きです!

気になった点

・手が出にくい価格
・高価格な故に、近くで焚き火をするのに勇気がいる。

お気に入りポイント

・インナーの幅が140センチあるので、2人用にしては広々と使える。
・やはり設営撤収のスピード
・所有感

このレビューで紹介されたギア

スタイカ

このレビューを書いたキャンパー

カズ

キャンプで大切にしていることは 【居心地のいい空間】であること。 自然の中に身を置いて、如何に日常を忘れて、非日常的な時間を過ごすことができるか。 お気に入りのギアを紹介させて頂きます。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2024 AllRights Reserved Powered by STINGER.