アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
4
キャンプギアをテンタルする
2021年4月18日 | 159views
ブランド DAISO
ギア名 コーヒーミル
評価

価格はダイソーとしてはお高めの500円。
とはいえ、ボトムで2000円台というコーヒーミルの相場からすると異常なほど安いことも事実です。

まずなんといっても特徴的なのが、コーヒー豆の粒度を変更するためのダイヤル。このダイヤルがあることで素晴らしいほどの手軽さを実現しています。

世に出回っている多くのコーヒーミルが、ハンドルを取り外して調整するかもしくは臼の部分についている小さなダイヤルを操作して調整する構造。

そして粒度は10段階以上のなかから選択できるようになっています。

挽き具合に強いこだわりを持っている方であれば細かく調整できることはメリットとなりますがそうでない方にとっては迷いを生じさせる元です。

その点、ダイソーのコーヒーミルは手元でカチカチッと簡単に調整することができるうえ
粒度もひと目でわかる親切設計。

粒度設定を5段階と少なめにしているのも手軽にコーヒーと楽しみたい方にとってはプラスのポイントになります。

ダイヤル部分に金属パーツを用いてスタイリッシュに仕上げているのも素晴らしいところです。

お気に入りポイント

コストパフォーマンスの高さ

このレビューを書いたキャンパー

CAMPIC編集部

これまでCAMPIC(https://campic.net/)で投稿してくださったギアレビューは、編集部名義で投稿させていただいております。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.