アカウント

探す

投稿する

見る

その他

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
5
2022年1月11日 | 2,357views
ブランド HILLEBERG
ギア名 アラック3
評価

こちら、我が家で絶大な安定感を持つアラック3。
ヒルバーグのテントです。

このアラック3を選んだ理由は…
〇自立型でスカイパイロット内にも置けること
〇単体としても使用出来ること
〇軽量かつ3人用であること
〇1年を通して使用出来ること
これらの条件を満たしていたからです。

元々はアラック2が販売されていましたが、アラック3が発売になりすぐに購入しました。
カラーはサンドをチョイス。

スカイパイロットの寝室代わりにもなる自立型テントを探していて、まさにアラック3はピッタリ。
アラック3は外で設営してからスカイパイロット内に移動させています。

総重量は3.7kg、ポール3本で設営完了。
設営に時間をかけたくない暑い夏の日や、ちょっと1泊したい時、デイキャンプ、雨撤収になりそうな日など、素早く簡単に設営・撤収したい時にもこのコンパクトなアラックは役立ちます。

別売りのフットプリントも装着したまま素早く収納袋に仕舞うことが出来、前後2ヶ所にある出入り口にはTHORの収納コンテナやYETI20Lの置き場にもピッタリ。
ヒルバーグのタープ10XPの同じサンドカラーを合わせて使用する時もあります。

冬は積雪にも耐える設計となっており、雪に深く埋もれても上部にベンチレーターがあるため通気を確保できます。

インナーサイズは160cm×230cm。
決して広くはありませんが3人分のシュラフを並べて置くことが出来ます。
インナー内に荷物を置くことも考えると2人で使うのが余裕もあり良さそうです。

アラック3はヒルバーグの中でレッドレーベルに分類されています。
レッドレーベルとは9mmのポールで強度より軽さを重視され、全天候対応のオールシーズンモデル。
長期に渡る過酷な状況での滞在には向いていないようですが、激しい嵐に耐える事が出来るそうです。

10mmポールのブラックレーベルより強度は劣りますが、実際にアラック3で強風の日や吹雪の日を体験しても絶大なる安心感がありました。
まずあまりに天気が悪い日はキャンプに行かないため、我が家には充分なスペックです。

使い勝手がとても良く、見た目もシンプルに美しく、様々なキャンプに適したアラック3。
これからも重宝しそうです。

気になった点

定価162800円…となかなかお値段は張ります。
前室は狭い為、石油ストーブは置けません。
その為冬に使用したい場合は使えるストーブが限られます。
我が家はインナーを開けてイワタニの風暖を使用。
この1台で狭い幕内はすぐに温まります。

真夏は幕内がかなり高温になります。
朝日が出たあとは直射日光が当たると暑くて寝ていられません。
タープとの併用をおすすめします!

お気に入りポイント

HILLBERGの幕に憧れており、どんな時も使用出来るため、やはり1幕持っている安心感があります。
加水分解もしないので、これからも末永く愛用していきたいと思います。
サンドカラーも飽きがこなくてお気に入りです。

このレビューで紹介されたギア

アラック3

このレビューに関連するおすすめの動画

このレビューを書いたキャンパー

公式pechi

CAMPIC公式キャンパー 北海道でファミキャン、夫婦キャンプ、愛犬と一緒に1年を通してキャンプを楽しんでいます。キャンプ歴8年。

このレビューをシェアする

一覧へもどる

Copyright© CAMPIC GEAR , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.